MobiControl

最新情報は端末の中に

出先で必要な情報をすぐに開くには、モバイル端末の中に最新情報を格納しておくことです。 「イントラネットにアクセスして、検索して・・」と悠長な商談スタイルでは、商戦に勝てません。 最新情報とそれを検索表示するアプリケーションを搭載したモバイル端末を携行するのが、 これからのビジネススタイルです。 「本日修理にまわる客先の情報」、「在庫一覧表」、「扱い商品仕切り価格一覧表」、「所属組織の全員の予定表」など、 多くのファイル、それも最新のファイルを端末に格納しておくことで、モバイル端末は初めて業務に役立つようになります。

一方、多くの企業のシステムでは、社外から社内のイントラネットやファイルサーバへの直接アクセスを 防止しています。従ってそのままでは、社外での業務活動に必要な最新情報を入手できません。
MobiControlの管理サーバは、社内の情報リソースの最新ファイルを、モバイル端末に中継配布します。 どのファイルをどの端末に配布するかを、きちんと、コントロールできます。外部からの直接アクセスを 防止する現在のシステムをそのまま踏襲できます。

TCO対策とセキュリティ対策を懸念して、アプリケーションとデータを中央集中することがITシステムの一般的傾向ですが、 モバイル端末に関しては、分散運用の方が効果的です。端末の操作性が向上し、かつ、社外からの社内ファイルへの無制限のアクセスをコントロールできるからです。 勿論、モバイル端末の分散運用のためには、今までにない、TCO対策とセキュリティ対策を支える運用管理ツールが必要です。それがMobiControlです
端末のデータの吸い上げとバックアップ
「客先で商品の出荷手配の入力をする」「倉庫でバーコードを読み取り、入荷情報の入力をする」などの 業務にもモバイル端末は役立ちます。Windows Mobileソフトで作成したファイルなどを含めて全てのファイルのバックアップもします。

MobiControlは、社外にでて仕事をする社員の生産性を高めます。
  1. ファイルの同期
    社内ファイルサーバと端末との間でファイルの中継を行います。 社内側サーバと端末にインストールしたMobiControlエージェントソフトが、自律的に スケジュールに基づき、MobiControl管理サーバにアクセスします。そして、指定のフォルダに上書きしたり、ダウンロードをします。 人間が関与しなくても、自動的にファイルの同期をします。
1.項を実現するために、端末に情報とアプリケーションを格納します。そのためには、充分なTCO対策、セキュリティ対策などの サポート機能が必要です。 それが、下記2.項以下のMobiControlのバリューです。
  1. 強力なセキュリティ対策
    既に出回っている、モバイル端末へのセキュリティ対策商品の全てを上回る機能を用意しています。
    1. ファイルの暗号化
    2. 一定時間、端末を使わないとパスワード入力画面を表示
    3. b.項の状態では、USBや無線LANなどによるファイルの外部への持出しを禁止(正しいパスワード入力までの間)
    4. 管理サーバにアクセスできない状態が長時間続くとファイルの自動削除、
    5. 指定したアプリケーションしか起動させないホワイトリスト、
    6. 誤ったパスワード入力を繰り返すと、入出力機能の停止
    7. SSL
    などです。
  2. 端末のソフト不具合点の摘出
    不具合の報告のあった端末の アプリケーションのファイル群(EXE、DLL、INIなど)の属性(更新日時、ファイルサイズなど)をリモート収集します。 正常に動いている同種端末の同じファイル群の属性と比較し、差異のあるファイルを摘出します。
    端末をコンソールからリモート操作したときのマウスやキーボードの操作内容をマクロとして記録します。 変化した端末画面の静止画もマクロに取り込みます。このマクロを正常端末に対し実行し、異なる画面を摘出します。
    端末の不具合を見つける多くのツールが揃っています。
  3. 端末のリモート操作と監視
    コンソール画面に端末の画面を写します。コンソールでの操作が端末に反映され、コンソールに写った端末の画面がリアルタイムで 変化します。端末のExploreとコンソールのExploreが隣接表示されます。コンソールと端末間でファイルのドラッグ&ドローなどが できます。端末で実行中のアプリケーション一覧が表示され、ハングアップなどしていたらコンソールで強制終了などが できます。その他多くの管理監視ツールを用意しています。
  4. 通信回線経由での設定変更
    「端末プログラムのバージョンアップ」、「無線LANのWEP変更」、「端末から管理サーバへのアクセススケジュール」 「パスワードの複雑性変更」などなど、50以上の項目を通信回線経由で自動的に変更します。
    プログラムのインストール前後に必要な手順(必要なメモリ空き容量があるかどうかのチェックなど)を記述する スクリプトを付加するための、MobiControl Package Studio を用意しています。
  5. グループ単位での設定変更と管理
    1項から5項までの設定は端末グループ単位で実行/変更できます。変更結果は通信回線経由で端末に反映されます。 端末グループは20段階まで階層化できます。ある端末が他の端末グループに属することになったことの申告は 端末の特定ファイルの特定文字列を変えるだけで、システム全体に異なる端末グループへの所属変えを反映できます。
  6. 端末の初期設定の容易さ
    端末ごとのエージェントソフトは、容易に設定できます。また、設定値は5項の機能で、後から リモート変更が可能です。
  7. 各種レポートの生成
    最新データを受け取った端末の台数、管理サーバへのアクセス頻度別の端末台数など 各種のレポートが生成されます。Crystal Reportを内蔵しています。
MobiControlは、モバイル端末を業務で活用する場合の全ての運用管理ツールを揃えています。